つれづれに考え事

今日は昨日デリヘルの予約が遅くだったこともあり、とても眠くて昼くらいまで寝ていました。今日は特に予定もなかったため洗濯などしなくてはいけないことをさっさと済ませ、自分の自由時間に当てました。買っただけで読んでいなかった漫画や録画していたドラマなどを見ながらダラダラと過ごしていました。ダラダラ過ごしている時って時間が意外と早く進んでしまうので気付けばもう夕方になっていました。ダラダラ過ごしたいと思って時間を潰すと、だいたいにおいて後から後悔することが多いです。今回もそのパターンでした。「今日何もやってないなー。」という虚無感に苛まれます。急いで今日を実りのあるものにしようと仕事に使えそうな下着や、最近人気のある化粧品などをネットで調べて購入しました。お客さんに人気のある下着の色はやはり白が多く、白は汚れやすいこともありこまめに買い換えています。この仕事は体力を使うこともあり、休みの日はあまり外に出ないで身体を休ませたいと感じます。外に出かけるとしてもあまり歩き回ったりしないで楽しめる映画が多いです。

一人でも気になる映画は観に行ったりします。ナコはアクション系以外はあまり観たいと思いわないようです。なのでそれ以外は大抵一人で観ます。平日の昼間など人が少ないことが多く借切り状態で周りを気にかけることなく、ゆったりとした気分で観ることができます。いわきでは上映していない映画も多いので気になっていた映画はレンタルで観ることも多いです。この仕事をしていると理不尽なことで気分が落ち込むこともたくさんあるので、気分転換やリフレッシュするために映画は有効な手段です。1本映画を見終える頃にはさっきまで心の中を占領していた嫌な気持ちが消え、なんであんなに落ち込んでたんだろうと思えるくらいに気分が復活していることもしばしばあります。この仕事は人様に堂々と言えることではないし後ろ指を指されるような仕事ですが、それでも社会のために必要な仕事であるとも感じます。社会の秩序を守るために私たちの仕事は少なからず貢献していると言えます。なのでこの仕事が社会の役に立ってないとは思いません。男性の欲情のはけ口となっているため、性犯罪の抑制に少なからず貢献していると感じています。自尊心をズタズタにされてしまうこともありますが、そう思ってこの仕事を頑張っています。私の勤めている店のオーナーもそうゆう考えを持っているので、私もその考えに賛同して仕事を続けています。こんな風に色々と書いて矛盾してしまうのですが、深く考えすぎるのも私の悪いクセであるなぁと思います。グダグダ考えてないでナコみたいに単純にさっぱりと生きたいとよく思います。「グダグダ考えてないでさぁ、楽に楽しく生きようよ!」とナコを見ていると言われているような気がしてきます。こんな大胆な仕事をしておいて細かいことをぐじぐじ考えてしまう私のようなタイプは少ないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です