この仕事について

いわきでもデリヘルの仕事をしていると性欲が強いかのように誤解されますがいたってそんなことはありません…!ノリノリに見えるように演技は頑張っているので、そう思われているということは演技だってバレていないということかもしれません。自分の都合の良いように解釈するお客さんがとても多いので多少ヘマしてもどうとでもなってしまいます。

今日初めてのことだったのですが女性のお客さんがきました。どうやらこのお仕事にお興味があるようなのですが、どうゆうお仕事か全くわからないしネットに書いてあることも本当なのか確信が持てなかったため、実際に呼んでみてどんなことをするのか知りたいということでした。ほとんどの嬢が深いことを考えずにこの世界に飛び込んでくるのに、この子は賢いなぁと思いました。この子のために私が知ってる業界のことをちゃんと包み隠さず言おうと思い、時間いっぱいお話ししました。実際に働く人の言葉を聞けてその子はだいぶためになったととてもありがたがっていました。「実際に働くかどうかはこれからじっくり決めようと思う。」と言っていたのでゆっくり後悔のないように考えてもらいたいと思いました。やはりこの仕事を過去にしていたという呪縛は一生消えないものですし、墓まで秘密も持っていくと思っても何からバレるかわからない恐怖は一生付きまとってくると思います。それを覚悟の上でもこの仕事を続けていきたいのか、答えは簡単には出てこないと思うので時間が必要だと思います。ちなみにナコは何にも考えてないでこの世界に飛び込んだ女の子です。「楽に稼ぎたいし、会社勤めは無理だし。」と以前言っていました。そうゆうタイプの子は深く考えなくても後々後悔などもないのかもしれませんが、今回の女の子はわざわざデリを呼んで実際の現場の声を聞くほど慎重な子なので、そう簡単な問題ではないんだろうと思います。話し終えるとまだ時間があったので、せっかくだから気持ちいいことする?と聞いてみました。私も女の子は初めてだけど、お金も払ってることだしちょっとたどたどしいかもしれないけど優しくするよ?というとその女の子は首を縦に振ったので、優しくキスからはじました。身体の硬さからすごく緊張しているのが伝わってきました。なるべくリラックスしてもらうように丁寧に触れていきました。だんだんととろんとした瞳になってきて少しずつ感じ始めていました。服をゆっくり脱がせブラを外すと形の良い胸があらわになりました。女の子は顔を赤らめて恥ずかしがっていましたが、突起したそこを優しく舐めると切ない声を漏らし下着を濡らしていました。下着をずらしすっかり濡れているそこを舌先で刺激しながら指をゆっくりと入れていきます。女の子は体をのけぞらせて全身で感じているようでした。とても感度が良くもしこの仕事をするのならばとても向いているかもしれません。いやらしい音を立ててびっしょりと濡れたそこはヒクヒクと私の指に絡みつくように締め上げてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です