良いお客さんと嫌なお客さん

最近すごく気に入ってくれてよく呼んでくれるお客さんがいるのですが、見た目が太っていて結構体重をかけてくるので本気で死んじゃいそうです。デリヘルを呼ぶお客さんは若い人よりも中年層が多い為、小太りの方も多々います。心の中では「うおーーーーー死んじゃう〜ーーっ!!!」と必死で叫んでいるのですが、ぐっとこらえて「ちょっと苦しいかも、ごめんね(><)」と最大限に可愛らしく言いました。前も何回か同じことを繰り返しているのですが、毎回忘れちゃうようです…。あと口から顎を覆うように咥えてくるような独特なキスの仕方で捕食されているような気持ちになります。また顔中ベロベロ舐めてくるタイプのお客さんで、汗とヨダレの匂いに耐えながらのプレイでした。なんで男の人はよく舐めたがるんだろう…!と疑問に思ってしまいます。最後は口で頑張っていたのですがなかなかフィニッシュまでいかず、口と首が疲れてかなりハードでした。顎が痛くてお客さんに見えないようにはしていましたが、目には涙がたまっていて眉間にしわを寄せながら頑張っていました。やっとフィニッシュしたのですが何も言われず突然だったので、気管に入り盛大にむせてしまいました。お客さんは「大丈夫〜?」と笑っていましたが、「出そうなら言えよ〜〜〜。」と心の中で恨み節でした。今日はこの一回のプレイで体力使い果たした感じだったのですが、もう一本予約があったので、気力を振り絞っていきました。新規のお客さんだったのですが細身で清潔感のある30代後半の方でした。いわきには初めて来たとのことですが、出張で来たので日中は一日中仕事でせめて夜だけは遊んで思い出作って帰りたいと思い呼んだそうです。体臭もなく無理な要望も言わないとても良いお客さんでした。身体も引き締まっていて理想の体型という感じでした。今日の最初のお客さんと比べるとこちらのテンションも全く違い、今後もリピートしてくれるようにセクシーさをアピールしてわざとらしくない演技で頑張りました。若いこともありフィニッシュまでもスムーズなのも良かったです。「また来たらぜひ呼んでくださいね!」ととびっきりの笑顔で見送りし、今日はお仕事終了です。

家に帰ってすぐシャワーを浴びてさっぱりすると、ナコが帰ってきました。ナコも今日はクタクタのようで外に食べに行く気力もなかったため、今日は出前を取ることにしました。ご飯を食べると急激に眠気が襲ってきて「食べた直後に寝ちゃ太っちゃう…!」と思っていてもそのあと爆睡してしまいました。ナコも同じように寝てしまったようです。翌朝目覚ましよりも早くスッキリと起きることができました。いつも朝に弱い私は目覚ましに無理やり起こされるような感覚なのですが、昨晩熟睡したので気持ち良く目覚めることができました。爽やかな朝日を浴びていると今日も1日頑張れるような気がしてきました。まだナコはスヤスヤ眠っていたので、起こさないようにしながら朝食を作りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です